外見に悩んでいる人が行なっている施術内容

治療の方法

ストレス過多による薄毛治療の方法

現代社会にはストレスが山積しています。ストレスによって、髪の一部が抜け落ちたり、全体的に薄くなってしまった、ということで悩んでいる方も大勢いらっしゃいます。ストレスによる抜け毛にも、いくつか種類があります。まず、血行不良による抜け毛です。ストレスによって、血行をつかさどる神経に影響がおよび、血の巡りが悪くなってしまいます。そのため、毛髪を作る、髪の根本、毛根と呼ばれる場所に作られるはずの、毛母細胞というところが、作られなくなってしまうのです。毛根が作られないので、毛髪が抜け落ちて、薄毛の要因になります。その場合は、早めに薄毛治療を行って、頭皮の血行を良くする薄毛治療を施すことが必要となってきます。

内臓の状態による薄毛治療の方法とは

ストレスによって抜け毛になる原因のひとつに、血行不良と、内臓の働きの低下というものがあります。ストレスによって、自律神経と呼ばれる部分に影響があると、内臓全般の働きがにぶってしまうことになります。内臓の働きが悪くなると、髪の成分となる、たんぱく質や、ミネラルといった、重要な栄養素が作られにくくなります。そうすると、髪の毛が抜けてしまう原因となるのです。また、内臓が悪くなると、皮膚の脂が多く分泌されることもあります。余分な脂は、毛穴の奥にまで入り込んでしまい、毛根が新しく作られることを妨げることになります。そうすると、抜け毛がひどくなり、薄毛の原因となるのです。薄毛治療では、ストレスの要因となる、ホルモンバランスなどを整える薄毛治療を行います。

↑ PAGE TOP