外見に悩んでいる人が行なっている施術内容

自毛なら大丈夫

最新の自毛植毛技術について

これまで植毛といえば、人工の髪の毛を髪の毛が薄くなってしまった部分に植えるという技術が主流でした。しかし、最近の植毛技術は進歩してきており、自分の髪の毛を植毛するという自毛植毛という技術も誕生しています。 そもそも、髪の毛が薄くなる人の多くの特徴として、髪の毛が薄くなる部分が頭頂部や額の生え際であることが一般的です。それ以外の後頭部やサイドの髪の毛はしっかりと生えていることが多いです。最近の研究では、薄毛の原因となる酵素の影響を後頭部やサイドの髪の毛はほとんど受けないと言われています。そこで、後頭部やサイドの元気な髪の毛を後頭部や額の生え際などに自毛植毛をすれば、酵素の影響を受けない強くて太い髪の毛が成長してくる事になります。 最近の自毛植毛はさらに進化しており、メスを使わずに、傷も目立たせないで短時間で自毛植毛ができるようになってきています。ですから、例えば仕事帰りに済ませることも可能です。

自毛植毛のメリット

元々は植毛とは人工的に作られた髪の毛を一本一本、薄毛の気になる部分に植え付けるものだったのですが、最近では技術の進歩によって、人工的な髪の毛ではなく、自毛植毛と呼ばれる、自分の髪の毛を移植する方法があります。 人工的な髪の毛は一度抜けると再び生えてくることはないのですが、自毛植毛の場合は、側頭部や後頭部の比較的薄毛になりにくい部分の髪の毛を、薄毛が気になる箇所に移植することで、毛根ごと頭皮に植え付けるので、一度抜けても毛根の細胞は生きているため、再び髪の毛が生えてくるのが最大の特徴です。 自毛植毛は自分の髪の毛を移植するので、自然に仕上がりになり、一度自毛植毛を行えば定期的なメンテナンスをする必要もないので、手間がかかることがないと言うメリットもあります。

↑ PAGE TOP